FC2ブログ

ステッカーと缶バッジ

~感謝の気持ちが豊かな人生をつくる~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャラクターを活かしたオリジナルステッカー

いまやオリジナルステッカーは、グッズ制作を考える上で欠かせないもののの一つとなっています。

オリジナルステッカーは、予算的に考えても一個あたりの製作コストを安価に抑えながも比較的短期間に数を揃えることが出来る業者も多く、更には大きさや形状、加工などに様々なバラエティーがあるので組み合わせのチョイス次第で様々なバリエーションを作ることも可能です。

また使い方としてもステッカーは衣服に付けた露出効果を狙うことが可能ですから、ロゴやキャラクターを念頭においた使い方も広く行われています。

オリジナルステッカーは色使いなどのデザイン的な自由度も確保できるのでキャラクター表現の場としても適していると言えます。特にクリエイターが作ったキャラクターの育成の面から言うとオリジナルステッカーは主体となる制作物の周辺を形成するファンアイテムとしての活用方法も注目されていると言えるでしょう。

また製作期間や予算面に優れているステッカーは、市場のタイミングを逃さずに容易に制作し投入できるという大きなメリットも重要です。

これらの点から、キャラクターを生み出し成長させたいと考えているクリエーターにとってオリジナルのステッカーの制作は、活用したい手法の一つになっていると言えるでしょう。

缶バッジ
スポンサーサイト
  1. 2015/02/25(水) 06:33:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カバンにつけたい缶バッジ

1980年代のアイドルブームのときに多感期だった私は、缶バッジをカバンにたくさんつけるのは当たり前でした。

アイドルがあまり好きでなくても、好きな車のバッジやブランドのバッジなど、大きさも5センチくらいのものから 小さな3センチくらいのものまで、布バッグにはいっぱいバッジがついていました。

大人になってもトートバッグには缶バッジをつけていますし、雑貨屋に行くとついつい見てしまいます。
何かしらのマーキングといいますか、バッグのカスタマイズといいますか、なんかわくわくしてしまうのが この缶バッジの魅力でしょうか。

友人がアマチュアバンドの男性ボーカルをしていて、彼も同じアイドル世代なんですが、なんと、一人で缶バッジをオリジナル製作して配ってました。

「あげる」といわれても、無名アーティストのオリジナル缶バッジ、しかも5~6センチ級の大きいタイプの上半身、振り向きざまを 写した缶バッジをトートバッグにつけている40代って気持ち悪いし、ファンならまだしも、友人なんで丁寧にお断りしました。

でも、大量に安く作れるみたいで、ちょっと興味は深々でした。つけてみたい缶バッジができたら小さいサイズで作ってみようかなと思いました。
  1. 2015/02/19(木) 15:44:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリジナル缶バッジの品質にこだわるのならば

とにかく安く大量にオリジナル缶バッジを用意したいというニーズもありますが、折角オリジナル缶バッジを制作するのですから品質にもこだわりを持ちたいと言う場合も多いでしょう。

最近では国内生産でクオリティーを確保している缶バッジ製作会社も多くあります。

そう言った所の中でも特に、例えばアニメのオリジナル版権会社等からの取引の実績を積み重ねている業者などは評価出来るところが多いでしょう。

オリジナルの缶バッジを制作する際にも参考にしておきたい所です。もちろん小さな業者でも必要十分なクオリティーを確保している所も多くありますから、大手との取引が無いからダメだというわけではありません。

オリジナル缶バッジのクオリティーの部分で重要になってくるものの一つに印刷精度の問題があります。デザイン面の印刷がどのように行われるのかは、デザインを重要視する場合には発注する際に確認しておきたい所です。

精度が高いところでは高品質なオリジナルオンデマンド印刷機などを活用している所がありますので、そう言ったところだと品質にも安心できると思います。

また数をある程度作る場合には、サンプルや小ロットのテスト生産などで実物を確認しながら、オリジナル缶バッジ作製に関するクオリティーを判断するのも良い方法です。
  1. 2015/02/13(金) 17:07:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。