ステッカーと缶バッジ

~感謝の気持ちが豊かな人生をつくる~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

繋がる時間

明日は会社の新人歓迎会だ!
おはようございます。

歓迎会なんですけどお天気が心配ですね。

会つながりというだけですが、今年の忘年会の参加者は去年の3倍くらいになるそうで、たまげますね。

去年は四人席で鍋をつつきあい、そのあともうひとり参加して五人で飲んで…一人はノロウィルスで参加できず…。
そんな忘年会からもうたった半年が経とうとしているのですね。
たった半年で3倍近くの人が増えているって、私の今までの経験ではなかなかないです。
私は始めの方に拾ってもらった身なのでいろんな方が来るのを見てきたのですが、みんなお仕事熱心ですごいなと思います。
急に増えた人たちをまとめるのも心底大変だろうなとも思います。
何も知らない子供たちをまとめるのと、いろんな経験を各々に積んだ大人たちをまとめるのはわけが違いますしね。
とにかく人の上に立つ人たちってのは凄いなと心底思うわけです。
私もむかーしそんなことをしたこともありましたけど、なかなか気苦労絶えませんでした。
円形脱毛症にもなりましたし胃をおかしくしたこともありました。
みんながみんな同じところを目指してやっていくというのは本当に難しいのだと痛感させられていました。
ジャンヌ・ダルクってすごいなって思ってました。
でもジャンヌ・ダルクも円形脱毛症になっていたかもしれない。
人はみな見えざる苦労をしている。

私は普段めったにお客様と直接お話したりする機会がないポジションにいます。
なのでたまに社内にお客様がいらっしゃって話しかけられたりするとドギマギします。
接客を10年近くやっていたのに未だに緊張したりします。
お客様に気持ち良く買い物をしてもらうのって難しいですよね。
私は服屋なんかにいって「これ可愛くないですか?」って話しかけらるのダメなんです。
「ご試着も出来ますので」って言われると「あ、どうも」で済むんですけど、「これ可愛くないですか?」って明らかに会話に持っていく気満々じゃないですか。
それに「これ可愛くないですか?」っていう話しかけ方は変だよなとか思っちゃうんですけど。
でもたいして可愛くないんだよなーと思ってても、つい販売員の立場に立ってしまって「か、可愛いですよネー」なんて服にお世辞を言ってしまうわけです。

接客をやっていると「お客様の立場にたった接客を心がけましょう」なんて教え込まれますから、それがすっかり染み込んで自分がお客様の立場になっても「販売員の立場にたって考えましょう」になってしまうのです。
もうどっちがどっちを接客しているの?ってことに私はなってしまってたいしていらぬものを買ってしまったりしてしまうわけです。
接客の駆け引きって本当に難しいです。
これはきっと何年経っても変わらないのだろうなと私は思います。
そんないろんな「難しい」をみんなで緩和するものの一つとしてマニュアルって存在するんじゃないかなーなんて昨日の社長のお話を聞いて思いました。

という私なりにちょっと小難しく考えたお仕事の話でありました。おわり。

オリジナル缶バッチ

スポンサーサイト
  1. 2014/06/30(月) 15:04:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

缶バッジをつくりました。

つくってもらったところはここ↓

オリジナル缶バッチ

かなりおしゃれな缶バッジ屋さんだという印象を受けました。

缶バッジの業者さんの中でも販促品を提供している業者さんむけのところが多くて商品の品質とか安さをうりにしているサイトばかりです。

それでも↑のオツクリ缶バッジさんは缶バッジってこんな使い方もあるんだよー、こういうことするとかっこいいよー。

などというようなそういう提案がとても素敵だと思いました。

そこが気に入っての制作依頼でした。オリジナル缶バッチ、少量とはいえやはりそういうところは大事です。

なんでも缶バッジを使う人がもっと多くなればいいなという思いを込めてサイトをつくり営業をしているそうです。

すばらしいじゃないですか!

缶バッジ業者さんを探していたら缶バッジ専門の通販サイトも見つけました。

缶バッジ

缶バッジ専門のWEB通販ってかなりめずらしいと思ったのでちょっと気になりました。ここも同じく缶バッジユーザーの絶対数をあげようと活動しているのでしょうか。

缶バッジ、誰でも知ってるけど、あまり気にもとめないようなアイテムかもしれません。

でも、なんだか今後気になるアイテムとして意識をしてしまいそうです。


話は変わりますが。サッカー日本代表・・・・。

ぜひ来週は勝って欲しい。いきなり唐突な展開ですが・・・。

それはまあ4年待ちましたからね。早朝の試合ですが気合い入れて観戦に挑みたいとおもいます。


サッカー日本代表応援缶バッジをつくろうかな!

25日が試合だけど・・・・もしかしたらオツクリ缶バッジならまだ間に合うかも。
  1. 2014/06/22(日) 17:00:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

缶バッジ

缶バッジをつくりたいと思っているので業者さんを探します。

缶バッジってかなり業者さんが多くいるとおもうのですが、それでも世の中の認知度とか需要に比べると供給側ってあまり多くないような気がしました。

それでも缶バッジの業者さんは日々新規に生まれ続けているようでもあります。

オリジナル缶バッチという言い方をしているところもあるけど、缶バッジ、缶バッチどっちが正解なのかなと少し気になりました。

缶バッジはアメリカで生まれたものなので英語の表記をみてみるとBADGEとなっているからしいてカタカナで表記するなら・・・・。

缶バッジ!


これが正解っぽいですね。

ただアメリカでは缶バッジという言い方よりもボタン、buttonという言い方が一般的のようです。

badge button とか pins button という言われかたをするようです。

なぜかいろいろ調べてしまいました。

何かに気になることが出てきた時にインターネットって本当に便利ですよね。

調べようと思ったことは大概すぐに検索してでてきます。

疑問だったりすることは大概ヤフー知恵袋で誰かが先に質問してくれていますからね。

情報の取り出しというのはどんどん楽になってきていて、疑問を抱えて悶々とする、なんて現代の人にとっては遠いことのようですね。

あ、缶バッジから少し話題がそれてしまいましたが、とにかく良い缶バッジ業者さんを探していい感じのものをつくりたいと思います。

仕上りはまたここで紹介できたらと考えています~
  1. 2014/06/03(火) 23:04:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。